Think! PTA! Open BBS

[リストへ戻る] [レス用画面へ] ※内容が古い場合は、再読み込み(リロード)してください。

PTA問題が続々メディアで取り上げられる5<2017年/2018年>
【5783】 FJN 2017/05/13(Sat) 07:40
#4の【5782】★click here★に継ぎます。

【5784】 とまて 2017/05/13(Sat) 13:56
FJNさん★click here★
情報ありがとうございます!

大田区立嶺町(みねまち)小学校は、ボランティア制で、この記事には明記していませんが任意加入のPTAと伺ったことがあります。
強制加入のままの工夫は、全ての会員が満足しているかどうかを確認できないと考えてしまうのですが、任意加入PTAの場合は、『会員に止まる』ということで意思表示がなされていると思うので、安心できる気がします。


【5787】 FJN 2017/05/14(Sun) 09:31
≪嶺町小学校PTO規約≫★click here★の「第5章 会員」に、こうあります。
【・・・】は【以下省略】を示します。
第6条
1.本会の会員になることができるのは、・・・
2.本会に入会する者は、入会届を提出する。
3.本会を退会する者は、退会届を提出する。・・・
また、昨年(2016年)2月の≪PTO活動に関する意識調査(アンケート)の結果≫(★click here★参照)によると、
総家庭数:627
アンケート回収数:510
イベント・活動にサポーター(ボランティア)として参加した:310
イベント・活動にサポーター(ボランティア)として参加しなかった/無回答:200
――です。
おそらく「会費の支払い」は「イベント・活動」から除外されていると思われます。

なお、
朝日新聞社系サイト<withnews>に、
≪PTAの「おかしな正論」
 このブラックさ… 「世の中そのもの」かも?≫
 (2017年05月13日)
 ★click here★
が載っています。
書いたのは朝日新聞の文化くらし報道部・田中聡子記者です(掲載紙面―朝日新聞の5月13日の夕刊3面―に肩書&顔写真が載っています)。
興味深いことに、
「王様は裸だ!」と叫んだ子供のような人のことを、
「鼻つまみ者」
「口うるさい」とか、「変わっている」とか、周囲から浮いている人
と表現しているように読めます。
『この記事にも同調圧力がかかったのかも…』と感じました、私。


【5788】 FJN 2017/05/15(Mon) 11:57
佐賀新聞が、
≪PTA強制加入なの? 入退会巡り規定論議≫
   (2017年05月15日 08時10分)
   ★click here★
と報じています。


【5789】 とまて 2017/05/15(Mon) 14:57
FJNさん
withnewsの「鼻つまみ者」が風向きを変えるは、凄い表現だなぁと思いました。
『強制加入にすべき』といっている人と、『そもそも任意加入でしょう?』と言っている人と、実は人数的にあまり変わっていなくて、他の大多数の人が意見を言わない人たちだろうと思います。
意見を言わない人の意見は、何となく、声の大きい方の意見に同調しているように『忖度』されているので、『そもそも任意加入でしょう?』の人が少なく見えているだけなので、いずれ、コロッとひっくり返る可能性もあるかもしれないと思います。

佐賀新聞の方は、『議論すべきかどうか』を検討するっていうのが…何とも回りくどいところがとても面白いと思います。


【5790】 とまて 2017/05/23(Tue) 21:09
★click here★
朝日新聞の兵庫版でしょうか?
『PTA、全役員が立候補で決まる学校 そのわけは… 西見誠一2017年5月23日13時04分』

今関明子さんのお名前は度々朝日新聞で目にしました。『学級委員が学校に直接意見を言える仕組み』と書かれていて、それ以外の人は直接学校に意見を言えないの?とちょっと不思議に思っていましたが、
PTA本部役員だけが参加していた月1回の運営委員会をクラス委員にも開放した。運営委員会には校長や教頭も出てくる。ここで学校へ自由にモノがいえるようにしたのだ。

 「冬は寒いのでひざ掛けを認めてほしい」「体育会前は体操服登校を認めてほしい」。保護者からいろんな提案が出され、そのたびに学校側は真剣に検討する。すぐに実現することばかりではないが「ちゃんとした理由があれば保護者も納得できる。対話の場があることが大事」と今関さんは言う。PTA改革後、学校への苦情は激減したそうだ。
ということで、何となくニュアンスが伝わりました。
発言しやすい場を提供した、ということのようです。

で、任意加入になっているのかどうか、記事に明記されていないのが少し残念です。


【5791】 猫紫紺 2017/05/24(Wed) 12:05
とまてさん、記事拝見しました。
私の出身小中PTAは、ともに学級委員が運営委員会に出席できる仕組みでした。けれど、個人としてとても学校にモノ申せる雰囲気ではありませんでした。あえて空気読まずに発言する、勇気がいります。
そこの中学PTAは、運営委員会で自由に発言できる様子ですから、その闊達な雰囲気が保たれるよう、祈っています。


【5793】 FJN 2017/06/11(Sun) 10:36
東京新聞(6月2日付)の記事です。
PTA関連の意見・体験などを募集するメールアドレスも書かれています。
<考えようPTA>
読者から反響
通勤中に突然の招集
家族の時間が犠牲に
★click here★
ちなみに、東京新聞サイトを<考えようPTA>で検索してみました。
◆その結果――★click here★

<考えようPTA>の英訳の1つが<Think!PTA!>のような気がします。

なお、読売新聞が6月1日(木)朝刊で、
論点スペシャル:PTAは必要ですか
≪前例踏襲 見直そう≫札幌市立札苗小PTA会長 川崎克彦氏(聞き手・編集委員 斎藤雄介)
≪「ずるい」が生む悲劇≫作家 川端裕人氏(聞き手・編集委員 服部真)
≪効率化へ一歩ずつ≫日本PTA全国協議会 専務理事 高尾展明氏(聞き手・斎藤雄介)
を報じました。
≪効率化へ…≫から3箇所を抜粋します。
PTAは任意だ、入退会は自由だと言う前に社会の状況をよく見ていただきたい。
自由ですといったら、負担のないほうを人間は選んでしまう。
ひとり、ふたりは加入しないと言う人もおそらくいるでしょう。それを強制することはできない。その意味では任意です。
・・・論脈を度外視する形で抜粋したので『おかしな論理』と思われる可能性大です。ちなみに、私の親しい知人は「論脈を追いながら原文を読んだところヤハリ論理がシッチャカメッチャカでした」と述べました。

▼△▼佐賀新聞の6月25日付の記事▼△▼
冒頭部分を貼ります。
編集局長だより 中冨文子さんを偲ぶ
2017/6/25★click here★
■PTA本来の精神引き継ごう
 佐賀県内で学ぶ小中学生の保護者や教職員らでつくる「県PTA連合会」の名誉会長、中冨文子(なかとみ・あやこ)さん=鳥栖市=が先月、105歳で亡くなった。日本でPTAの結成が始まった昭和22(1947)年から長年活動に携わり、女性初の全国組織の会長も務めた。PTAはいま都市部を中心に入退会の在り方などが問われ、活動の曲がり角にきている。そんな時期だからこそ、あらためて中冨さんの功績、精神を記憶に刻んでおきたい。
・・・「女性初の全国組織の会長も務めた」というのは、要するに「日本PTA全国協議会の会長に女性では初めて就任した」ということです。


【5794】 FJN 2017/07/05(Wed) 06:33
今日(2017年7月5日)の朝日新聞が、紙面で、
個人情報保護、PTAは★click here★
――という大見出しの記事を報じています。
社会面のトップ記事です。
大見出しを含めて全見出しを掲げます。
個人情報保護、PTAは
学校名簿利用 改正法で見直しも

「旗当番、学校業務に」検討

「本人から取得を」 一部の教委
PTA全国組織「学校の提供可能」
記事本文の文責者は田中聡子・杉浦里美の両記者です。

なお、↑の記事でも紹介されていますが、
日本PTA全国協議会のサイトで、
≪個人情報保護法の改正に伴う対応について≫(2017.05.23)★click here★
――が読めます。
そのサイトで読める3つのPDF文書のうち1つから抜粋します。
(「日本PTA全国協議会流のガイドライン」と判断できるかもしれません。)
個人情報保護法の改正に伴う対応について

○保護者に個人情報を集める理由(目的)を伝え、通知・公表した上で、情報を集めその情報を使用することが必要になります。

○学校が保護者から個人情報を集める際に、PTAに提供することを伝え、通知して集め、PTAに提供することは可能です。
(学校との協議が必要)
※校外指導を行う際に、入学前に情報が必要になるような時は、学校とよく打合せの上、行うことが重要になります。

○個人情報保護法とPTAへの入退会については、別の話です。
PTAについては、入学説明会などで、しっかり説明し主旨や目的を伝え、全ての保護者の方の加入が望ましいことを伝えることが大切です。

繰り返しになりますが、従来から個人情報を適切に取り扱っていれば、大きな負担とはなりません。今後は注意すべき点があります。ということなります。

また、本日(7月5日)付で、<週刊女性>2017年7月18日号の記事、
【激論レポート】
「参加しないとハブられる」
「役員の押し付け」
PTAって本当に必要?
(2017/7/5)
★click here★
――がアップされました。


【5795】 猫紫紺 2017/07/06(Thu) 00:14
寝ぼけた頭で個人情報保護法に「取得」ワードを検索しました。第十五条〜第十八条を見ています。
…ん??
個人情報を事業者が取得するときは、必ずしも本人の同意を得なければならないわけではない、とも読めます。つまり、第三者提供以外の部分や、企業合併時のデータ引継ぎによる顧客情報取得の場合を想定しているような気がします。

でも、PTAと学校の関係で、これを適用するのには違和感が強いです。なぜなら設立根拠法がちがう団体ですから。

したがって、日Pの解説にも、違和感を感じます。法的根拠、どう読み解けばよいのでしょうか?


【5796】 PTAのあり方とは・・ 2017/07/08(Sat) 07:47
猫紫紺さん、おはようございます。

目覚めた直後ですが…、素人判断ごめんなさい。

※校外指導を行う際に、入学前に情報が必要になるような時は、学校とよく打合せの上、行うことが重要になります。

第16条3-三 衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。


この条文をどの様に判断するか、だと思います。
入学前児童の場合、本人(未成年の場合は親権者)からの同意をとることが困難か否か、が争点となるでしょう。

入学時点においては、この条文を拡大解釈をすると、入学説明資料の中に「PTAへ(外部)提供する」という一文があれば提供可能、と判断できます。
で、学校側は「誤認の要因」にならないような努力が必要となり、保護者側は「詳しく知る」努力をする必要が出てきます。

憲法のいう「公共の福祉」と「個人の権利」のバトルですね。

日Pの解説は「遠回し」にそれを伝えているような気がしますので違和感を感じているのでせう。


【5797】 FJN 2017/07/11(Tue) 06:11
本日(2017年7月11日)施行の一般的通称≪共謀罪法≫について、
<週刊女性>2017年4月25日号が、
≪PTAママや会社も犯罪集団に!? 共謀罪でスマホやSNSまで監視され放題≫★click here★と報じていました。
「PTAママ」という差別系侮蔑的用語はさておき、いわゆる「違法PTA」にとって一般的通称≪共謀罪法≫は要注意かもしれません。
私見では、
・「組織的な強要」は≪組織犯罪処罰法≫によって「共謀罪」の容疑あり
・「不正手段による補助金等の受交付等」は≪補助金適正化法≫によって「共謀罪」の容疑あり
――です。


【5798】 FJN 2017/07/16(Sun) 07:50
今日、日曜日、の朝日新聞が、読書欄で、
≪PTAという国家装置≫
≪ある日うっかりPTA≫
の2つを紹介しています。
経験者が教える変えるヒント★click here★
という見出しの書評記事です。
評者は末國善己(文芸評論家)さん。
おいおいウェブ――★click here★★click here★――にも載るような気がします。

また、
バズフィードジャパンのサイトに、小林明子記者が、
PTAの伝統 ベルマーク集めという単純作業に必要な、愛の物語
ベルマーク教育助成財団が明かす、衝撃の事実。
「マークは貼らなくていいです」
(2017/07/16 11:01)★click here★
をアップしました。
しかし、
「PTA」と「小学校」を混同している感じの記述もあります。
私の息子(11)が通う小学校では、
保護者は毎年1つ、
PTAの「係」をしなければならない。
一読して私は『そんなタワケタことをぬかす小学校などあるものか!』と心静かに思いました。
しかししかし、上のミスリード系の一文に続く文章には超痺れました。
そのうちベルマーク係は
「非効率」
「平日に有休を取らなければならない」
と悪名高い。
ただ、
冷房の効いた部屋で座り作業を一度すればいいだけなので、
運動会の手伝いや集金当番よりはマシだとして、
実は人気がある。
・・・【悪名高いけれども人気がある】というのは実に好い感じです。


【5802】 FJN 2017/07/31(Mon) 22:34
東京新聞が、
<考えようPTA>
奮闘する女性会長 仕事も家事も重い負担
2017年7月28日
★click here★
を報じました。
記者は今川綾音さんです。
猛暑の夏にドンピシャ感あふれる『冷やぁっ!』といった記述があります。
くじ引きで公立中学校の本年度の副会長、来年度の会長に決まった。
代わりの人を見つけない限りは断れない

・・・なお、
≪PTA会長に占める女性の割合≫と題する折れ線グラフが載っています。
このグラフの元になったのは、おそらく、
内閣府の
≪男女共同参画白書 平成29年版≫の
【I−4−2図 自治会長及びPTA会長に占める女性の割合の推移】★click here★です。
・・・『世帯から会費を集めているのに会長とかが個人限定』という点が日本のPTAの特色の1つのような気がします。

ちなみに、≪希望の国のエクソダス≫★click here★の初版第1刷本のp.114の真ん中あたりに、
ぼくらが相手にしているのは、
本質的にはバカだけど、
とりあえず力を持っている、
という連中です。
という1文があります。
私見では『男性PTA会長の9割9分9厘は【本質的にはバカだけど、とりあえず力を持っている、という連中】』です。
(女性PTA会長の9割9分9厘に関する私見は控えます)


【5803】 FJN 2017/08/09(Wed) 08:11
朝日新聞が8月7日(月)の朝刊で、
PTA続く模索 解決を目指す試み各地で 新たな課題も
2017年8月7日05時00分★click here★
2017年8月7日05時03分★click here★
を報じました。
文責は堀内京子記者、杉原里美記者、田中聡子記者の3名です。
「PTA問題」とは「P問題」である――と読める箇所(by杉原記者)を抜粋します。
保護者の意見は一様ではありませんが、ほかの地域のPTAのことを知り、悩みを共有し、知恵を寄せ合うことで、保護者の多様な価値観を許容できる土壌が生まれるのかもしれません。


【5804】 とまて 2017/08/09(Wed) 19:49
FJNさん、いつも情報をありがとうございます。
朝日新聞の記事、奈良版でも確認できました。
岩竹さんの
『不満があったら意見を言ってもいい。抵抗してもいい。「やりたくない」「イヤだ」と言っていい。それが、組織のための組織に穴をあけていくことになるでしょう。』
には同感なんですが、可塑性が高めの地域とそうでない地域とが有りそうです。ジリジリと、これが当たり前になって行くと良いのですが。

タイトルだけは知っていた『希望の国のエクソダス』、面白そうです。【本質的にはバカだけど、とりあえず力を持っている、という連中】は沢山居そうですね。力の有無は兎も角、偉そうにしている人はもっと多い気がします。


【5805】 FJN 2017/08/14(Mon) 20:15
ちょうど1週間前、つまり今月7日(月)の日本経済新聞が朝刊の【私見卓見】コーナーで、1000字ほどの署名記事(投稿または寄稿)、
≪共働き時代のPTAをつくる≫
日本PTA全国協議会専務理事 高尾展明
2017/8/7付日本経済新聞 朝刊
★click here★
を報じました。
なお、この記事は日本経済新聞の、
【私見卓見一覧】サイト★click here★に未掲載です。

ともあれ、数日前に記事を入手して読んでみました。
全部で8段落の記事で、第1段落と第2段落が直接ネットで読めます。
各段落に「PTA」3文字が何回登場するか数えました。
第1段落――2回
第2段落――3回
第3段落――1回
第4段落――1回
第5段落――1回
第6段落――0回
第7段落――1回
第8段落――4回
全体で合計13回「PTA」が登場するとわかりました。
劇画シリーズ≪ゴルゴ13≫を連想しました。
さて、「PTA」が1度も登場しない第6段落を抜粋します(1文ごとに改行しました)。
役員構成についても再検討の必要があると考える。
現在は役員の多くを男性が占めており、昨年度には女性を最低1人は役員として入れるよう規定を改定した。
女性の視点が運営に反映されるようになることで改善も進むはずだ。
私は、
『現在は役員の多くを男性が占めている?!
昨年度には女性を最低1人は役員として入れるよう規定を改定した?!
…一体全体どこのPTAの話だろう???』
と思いました。
・・・コーナー名が【私見卓見】なので第6段落に限っては「私見」なのかもしれません。
・・・・・・とはいえ、その他の段落が「卓見」なのかどうかは今のところ不明です、ワタクシ的に。
ちなみに、日本経済新聞サイトで、こう紹介されています。
「私見卓見」は有識者や読者の意見を紹介するコーナーです。
・・・・・・〔中略〕・・・・・・
原稿料はありません。
文章は趣旨を変えずに手を加えることがあります。
◆そのサイト――★click here★


【5806】 FJN 2017/08/19(Sat) 18:02
バズフィードジャパンのニューズエディター小林さんのtweetを貼ります。
#PTA に象徴されるように、学校現場の働き方って、
改革のための事務作業や根回しの労力が膨大だから、
誰も手をつけづらく、予算もありません。
「特区」や「試験校」を設けてリソースを集中投下し、
まずノウハウを作るなどできないものでしょうか。
上掲tweetのURL――★click here★

また、別のtwitterサイト★click here★で、
大人のためのPTA調べ学習の例
というtweetが読めました。
私は、調べ学習のテーマとして、
●PTA―広報紙の作り方の研修―各地の新聞社
●PTA―ベルマーク運動―朝日新聞社
というのもアリだと思います。
PTAは、パラサイト(寄生)やパターナリズム(保護者ぶった干渉)に脆い、という特色を完備している組織のような気がします。

なお、ウェブで、
≪保護者がPTAに参加すると子供の学力が上がる? 家庭教育の本棚≫
★click here★
という記事が読めます。


【5807】 FJN 2017/08/30(Wed) 11:11
今月25日(金)深夜01:25〜04:25に放映されたテレビ朝日系<朝まで生テレビ>★click here★の最終場面の直前に、漫画家の倉田真由美さんが「PTA会長は男性限定!という地域がある」といった発言をして、ひとしきり白熱した反応が起きました。
倉田さんの白熱反応誘発発言をテキスト化しておきます。
あと、やっぱり、少なくなってはきつつあるけど、その、機会の平等も、まだ、その、おかしなところがあって、あのぉ、私、子供がいるんですけど、子供のPTAの会長って、あの、他薦で決めるんですよ…で、あれで、あの、あの、以前すんでいたところで、「男性限定で会長を他薦してください」って・・・〔以下白熱〕・・・
◆動画サイトのURL――★click here★


【5808】 FJN 2017/09/13(Wed) 17:26
9月10日の神戸新聞が、鈴木久仁子記者の記事、
≪PTA活動を大胆改革 元会長ら、講演会で報告≫
2017/9/10 12:00神戸新聞NEXT
★click here★
を報じました。
この講演会が行われた神戸市教育研究集会については、
神戸市教職員組合サイト★click here★で読めます。


【5810】 FJN 2017/09/16(Sat) 11:57
朝日新聞サイトで、
「PTA、代理で出席します」 お値段は?問題ないの?
佐藤恵子、峯俊一平
2017年9月16日11時21分
★click here★
が読めます。
イラスト付きで【業者に依頼があったPTA代行のサービス例】も載っています。
代行業者の1つ★click here★が紹介されているようです。

ちなみに、紙面報道は本日付の夕刊で、東京本社版では第9面トップ記事です。
見出しを並べます。
PTA代行 保護者の味方?
便利屋「家族情報覚え、演じます」
共働きで会合出られず 依頼年50件
この記事のエンディングをメモしておきます。
PTA問題に詳しい文化学園大学の加藤薫教授(日本語・日本文化論)は「自費で代理出席を頼んで『参加した形』をつくらなければいけないと考えてしまうほど、依頼者は追い込まれるのではないか。運営のあり方を考え直さなければいけない」と話す。

なお、
<週刊東洋経済>09/16号の特集が注目されます。
特集
学校が壊れる
学校は完全なブラック職場だ
★click here★
PTA関連の記事も載っています。
その一部がウェブで読めます。
誰のためにあるのか
揺らぐPTAの存在意義
大塚玲子(編集者、ライター)
★click here★

この記事で目を引くのは、
学研教育総合研究所 小学生白書Web版 2016年9月調査
かもしれません。
【調査テーマ】
「小学生の生活・学習・グローバル意識に関する調査」
その第12章が「PTAに対する保護者の意識」です。
こんな感じです。
12.保護者の意識について
PTAについて(保護者)
★人間関係の煩わしさなどから、PTAには関わりたくないという保護者が過半数。
★click here★


【5812】 FJN 2017/09/25(Mon) 06:03
【5802】★click here★で、東京新聞・今川綾音記者の報じた、
<考えようPTA>
奮闘する女性会長 仕事も家事も重い負担
2017年7月28日
★click here★
をメモしておきました。
今日の東京新聞は、第6面ほぼ全部が今川綾音記者(生活部)の記事です。
圧巻です。
タイトルは、こうです。
ニュースがわかるAtoZ
曲がり角のPTA
リード文の出だしは、
PTAってズレてない?
です。
図版は以下の2つです。
・PTAをめぐる賛否両論
・PTA組織図
記事本文は大きく3つから成り立っています。
それぞれを見出しで紹介します。
現状は?――担い手不足 顕著に
課題は?――任意加入 周知されず
これから?――求められる負担軽減

この記事の読みどころの1つを抜粋します。
多くの学校で「説明なしに自動的に全員加入」という形がとられてきたが、二〇一〇年に文部科学省が各都道府県教育委員会に出したある通知によって潮目が変わった。
文科相が表彰する「優良PTA」の条件を、「任意加入の団体であることを前提に組織運営や活動内容の工夫をしている団体」としたからだ。

ちなみに、この箇所で取り上げられた「通知」と関連情報が、
本サイト≪優良PTA文部科学大臣表彰新基準の周知状況≫★click here★で読めます。

・・・なお、ワタクシ的には今川綾音記者の記事≪<キレイ工房>秋の口紅 重ね塗りで今年色プラス≫(2017年9月23日★click here★)もオススメです。

ともあれ、この≪曲がり角のPTA≫を読んだ人の感想tweetが今後いくつか読めそうです。
◆その1――★click here★
◆その2――★click here★

なおなお、ウェブで、共同通信の3年前の配信記事、
曲がり角のPTA 「女性活躍」の足かせに
2014.11.10 18:49
★click here★
が読めます。

Eテレ<ウワサの保護者会>が2017年10月21日(土)に≪PTAは何のため?≫★click here★を放送したようです。
1人の視聴者の感想が★click here★で読めます。


【5819】 FJN 2017/10/28(Sat) 07:16
昨日付の東京新聞が、
<考えようPTA>
本部役員誘われたら 前向き選択へ情報収集
★click here★
――を報じました。
シリーズ<考えようPTA>担当の今川綾音記者が、今回も心と気持ちを大切にする内容の記事をリリースした印象を持ちます。
実用的な、
【「本部役員になって」と声を掛けられた時の注意点】
――が5つ、チェックリストの形で紹介されています。


【5832】 FJN 2017/12/13(Wed) 18:43
11月24日の東京新聞が、御存じ今川綾音記者による署名記事、
<考えようPTA>
埼玉県教委が画期的通知 「加入は任意」順守促す
2017年11月24日
★click here★
を報じました。


【5833】 猫紫紺 2017/12/14(Thu) 17:53
12月14日午後4時半〜5時ごろ、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」で、PTA問題について放送していました。

ここから★click here★、1/14まで聴けます♪


【5834】 FJN 2017/12/17(Sun) 10:24
[5833]の関連サイトをメモしておきます。
◆≪PTA問題を徹底議論!〜TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ〜≫――★click here★

・・・木曜コメンテーター山田五郎さんの発言が、実に好い感じ、と私は思いますです(微笑)。


【5840】 FJN 2017/12/21(Thu) 20:40
明日の新聞記事の予告tweetが読めます。
明日12/22の東京新聞・中日新聞朝刊の「考えようPTA」に名古屋市立吹上小学校の取り組みが取り上げられます。PTAの強制委員・役員がなくなる方向に動くきっかけに、少しでも役立てれば嬉しいと思っています。
◆参照URL――★click here★

・・・このtweeterはヴィジュアル系テクニックに長けているような気がします。

☆★☆22日の朝に以下を追記します☆★☆

当該記事がネットで読めます。
<考えようPTA>
重い役廃止 活動ごと募集 名古屋市立吹上小の改革
★click here★
<考えようPTA>
活動ごと募集、希望者増
★click here★

「改革」のきっかけは1人の方の言動だったように読める記事です。
その部分を抜粋します。
新年度の学級委員を決めるのは四月。
立候補する人はまれで、学級ごとに保護者による投票で決まるのが通例。
引き受けられない場合は、学校に次点の人を教えてもらい、自分で交渉する仕組みだった。
実質的な強制ととらえる人もいたが、目立ったトラブルはなかった。
しかし昨年度の学級委員を決める投票で、選ばれた保護者から就任を辞退した上、後任探しも「できない」という連絡があった。
・・・「学校に次点の人を教えてもらい、」という謎の仕組みはいわゆる「名古屋流」かもしれません。
ともあれ、
「就任」も「後任探し」も遠慮した方がいた、それが「改革」のスィッチを押したように思えます。
この方は「さめた人」だったような気がします、個人的に私は。
「さめた人」の言動が「改革」または「改善」または「異常事態の正常化」につながった例なのではないでしょうか。

・・・【「裸の王様」効果】と申しましょうか、そんな感じです。

ちなみに、
当該小学校のPTAの会長は今年度の名古屋市立小中学校PTA協議会の常務理事です。
◆参照サイトその1――★click here★
◆参照サイトその2(PDFファイル)――★click here★
また、以下の論文の執筆者である可能性があります。
●≪「共育て」・「共育ち」との出会いから≫★click here★
●≪保育者養成校における授業研究方法試案≫★click here★
このtwitterサイト★click here★も参考になりそうです。

なお、
「PTAの実質的な強制」に関連するサイト記事の目次を貼ります。
目次
1、そもそもPTAへの加入は強制できない
2、強制加入だと思っていた場合の加入は無効
3、加入しないことはできないと騙した場合はPTAへの刑罰も
4、安易に会費を払うべからず
5、退会を阻止することも、名簿を学校と共有することも違法
6、役員強制も違法性あり
★click here★


【5848】 FJN 2018/01/20(Sat) 19:58
「PTAは、社会教育組織としても地域組織としても日本最大規模だ。」で始まる本日リリースの記事です。
岩竹美加子さんと川端裕人さんのコメントを中心に構成されているようです。
サイト<バズフィードジャパン>で読めます。
イメージ画像(JPG)↓が意味深秀逸系かもしれません。
◆その画像――★click here★

タイトル、記者、記事のURLは下記です。
PTAという「国家的組織」に組み込まれる親
あきらめる前に知っておくべきこと
2018/01/20 11:01
Akiko Kobayashi
小林明子
BuzzFeed News Editor, Japan
★click here★
ウェブで小林記者のtweet★click here★が読めます。

月刊誌<教職研修>2月号★click here★の「特集2」の紹介文をコピペします。
特集2
自己変革が望めないPTAを救えるのは、管理職しかいない!
・・・管理職である読者なら誤解しないでしょうが、一般の読者は誤解するかもしれません。


【5850】 FJN 2018/01/31(Wed) 22:17
YouTubeプログラムもメディアの1つと見なして投稿します。
【ネクストピーティーエー】と読めるYouTuberのプログラムが、
今のところ2つ視聴できます。
◆そのYouTuberのURL――★click here★

関連tweetsは★click here★で読めそうです。

関連サイト(ブログ系?)は、ここ★click here★かと思われます。


【5854】 FJN 2018/02/11(Sun) 14:21
Googleニュースのサイトを「PTA」で検索してみました。
◆◇◆検索結果――★click here★

ネット社会ですから、
諸記事の内容の真偽のほど/信憑度の読解は各々のリテラシーで、
といった感じでしょうか。


【5860】 FJN 2018/02/21(Wed) 20:19
サイト<プレジデントオンライン>が
≪PTA 主婦と働く女性が和解できない理由:主婦と共働きが和解する日はくるか≫
★click here★
――と題する署名記事をリリースしました、今日。
「主婦」に「働く女性」を対置しているところが『?!』という感じかもしれません。
取りあえず記事のヘッドメッセージあたりを貼ります。
なお、私は最近の世情に所々疎いので、
今や「専業主婦」「兼業主婦」は死語なのかも…と思いました。
政治・社会 2018.2.21
小島 明子日本総合研究所 創発戦略センター ESGアナリスト

小学生の子供がいる間は働かずに専業主婦をする女性がいる一方、フルタイムで働く女性もいる。
PTAの仕事の分担などを巡り、両者の間には以前から「壁」があった。
子供たちのためにもモメずに仲良く協力するためにはどうしたらいいのか――。

この記事に関するtwitterサイトの反応は、
こんな感じ★click here★です。

「ヨタ記事ではない」と評するtweet★click here★と「周回遅れ」と評するtweet ★click here★があります。


【5861】 FJN 2018/02/23(Fri) 13:47
東京新聞が2月9日に<考えようPTA>シリーズで
子の新入学控えた親は 情報集め先を見通し計画
★click here★
を報じました。
◆記事中の関連画像――★click here★

なお、東京新聞は先月31日の首都圏版で≪PTA問題 学生が考察 東京・渋谷区 文化学園大で発表授業≫★click here★を報じています。


【5863】 FJN 2018/03/01(Thu) 19:33
ウェブで、英語で書かれた署名記事が読めます。
タイトルは≪How to Not Join Your Kid's School PTA≫★click here★
このタイトルを翻訳サイトに入れると日本語訳が出ました。
あなたの子供の学校PTAに参加しない方法


【5866】 FJN 2018/03/16(Fri) 07:18
今さっき★click here★で検索しました。
トップ2つの記事の見出しetc.を貼ります。
●PTA押し付けないで、悲痛な叫び 仕事抜けて役員業務 非加入者に「不利益」
西日本新聞· 1 時間前
●PTAで考える「忖度」問題 良きに計らう保護者の側だけが悪いのか?
Yahoo!ニュース 個人· 19 時間前

西日本新聞の紙面★click here★はブログ<PTAと学校問題を考える会>のエントリ★click here★で見ることができます。


【5867】 FJN 2018/03/21(Wed) 10:03
BJサイトで弁護士の署名記事が読めます。
2018.03.20
≪PTAが児童名簿を行事に利用は、一般的に個人情報保護法違反に当たらない理由≫
(文=山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士)
★click here★


【5868】 FJN 2018/03/21(Wed) 19:22
西日本新聞が続報を掲載★click here★しました。
この記事が書かれた経緯を踏まえて文字データを貼ります。
PTA非加入の不利益例示 文書配布は「不適当」
熊本市教委が見解、周知へ
2018年03月21日 06時00分
熊本市のある公立小のPTAが、PTAに入らない世帯への「ペナルティー」文書を配布したと報じた西日本新聞の記事(3月16日付朝刊)を巡り、熊本市教育委員会が記事掲載後に「(配布文書は)誤解を与える内容で適当ではない」との見解を同校に示していることが分かった。
見解の詳細は近く市内の全公立小中学校にも伝える。
特命取材班は、同校の保護者が2017年度、PTAの加入を拒否したことをきっかけに今年1月、全児童世帯に配布された文書の一部内容を報道。
文書には非加入の場合
(1)PTA共済に入れず、登下校時などのけがは自身の保険で全て対応
(2)不審者情報などを知らせる安心メールの配信停止
(3)非加入を他の保護者に知らせる場合がある
(4)PTA行事に関するプリントは配布しない
(5)卒業式などで配るコサージュや記念品の購入先は知らせるが準備、費用は自身で負担
−と記載されていた。
報道後、熊本市には文書を疑問視する声が複数寄せられたため市教委が見解を提示。
5項目について
(1)学校管理下でのけがは「災害共済給付制度」で対応
(2)安心メールは希望者全員に送信
(3)学校活動で加入の有無を知らせることはない
(4)学校を通して配布するプリント、広報誌は全員に配布
(5)学校行事に関しては、加入の有無で記念品の購入など、活動に支障が出ないよう学校が対応
−とした。
熊本市では小学校のPTAの入会を巡り、保護者が14年6月、会費返還を求めてPTAを提訴(昨年2月に和解)。
市教委は昨年6月、自由に入退会できることを保護者に周知するよう、全校に伝えている。
今回の文書については「PTA非加入の世帯に学校活動で不利益が生じることはない。一つの小学校だけの問題ではなく、他の学校でも同様の誤解がある可能性がある」と指摘した。
文書を配布した小学校は「加入の是非で子どもが差別を受けることがないようにする」と説明。
ただ「見解には従うが、詳細については検討すべき内容が含まれていると思う」と話し、文書の撤回、訂正はしていない。
  ×    ×
PTAを巡る西日本新聞の記事には「否定的な声ばかり掲載している」との意見も、取材班に多数寄せられています。
意見は改めて詳しく掲載し、読者と一緒にPTAについて考えていきます。
=2018/03/21付 西日本新聞朝刊=

ちなみに、
【安心メール】を取り扱う会社テクノミックスのサイト★click here★を見ると、今のところ、熊本市内の学校を含めて、【PTA】が契約しているらしいと読み取れる例は全国で2つしかありません。


【5870】 岡本 2018/03/22(Thu) 23:26home
FJNさま


【5868】西日本新聞の記事で初めて知りました。

「市教委は昨年6月、自由に入退会できることを保護者に周知するよう、
全校に伝えている。」

熊本PTA裁判和解成立後5ケ月も時間が経過しています。
遅い市教委の対応です。

しかし、PTA入退会の自由に貢献できたようです。

市政だよりや市のホームページなどにも掲載してもらいたいですね。

地元の新聞はこのことを報道していないようです。


【5871】 FJN 2018/03/23(Fri) 08:17
岡本さん、レスありがとうございます。

市教委は昨年6月、自由に入退会できることを保護者に周知するよう、全校に伝えている。

このことについては、
市教委が全校にどのような方法で伝えたか
――が気になるところです。

口頭で伝えたのかもしれません。
文書で伝えたのかもしれません。
口頭と文書の両方で伝えたのかもしれません。

文書ならば情報開示請求などでゲットできます。
口頭ならば職員の業務日誌を情報開示請求すれば該当部分をゲットできるかもしれません。

ともあれ、
伝え方については市教委の事務局の職員に尋ねれば答えると思います。
もちろん市長に尋ねても、しかるべく、答えると思われます。

政令市である熊本市の「熊本市PTA協議会」の役員には、いわゆる御目付役として「参与」がいます。
参与6人のうち4人が熊本市教育委員会の事務局の「教育政策課」の職員と「指導課」の職員です。
   ・教育政策課3人――上村課長,土井主幹,藤田参事
   ・指導課1人――塩津課長
この4人の氏名は熊本市PTA協議会の広報紙「くまもと市PTA会報」第125号(昨年7月19日の発行)に明記されています。
◆「くまもと市PTA会報」第125号第1面(PDF)――★click here★


【5872】 岡本 2018/03/25(Sun) 04:10
FJNさん いろいろありがとうございます。
 
時間が許す時に情報開示請求してみようと思いました。


【5873】 理子 2018/03/26(Mon) 15:20

その熊本の小学校PTAが用意した文書を 学校長は全家庭に配布することを許可した、と私は解釈します。
よく目を通さなかった、では済まないことだと思います。

私どもは、京都在住ですが、そのPTAが書いた文書の内容全て及び、登下校班外し、学校教育を受ける時間帯に非会員家庭の児童の居場所がない、緊急下校時の児童待機場所がひとりだけ職員室、といった差別的対応を小学校PTAに実際にされた、ということをこちらに記したいと思います。

前学校長、教師までもが学校に通う主体である児童を差別してきました。 学校教育とPTA活動の線引きができない教師がいます。

児童、生徒を差別(区別)することはあってはならないことです!!
これらの事実が異常であることを正しく理解し、早急に改善してほしく思います。


【5875】 KK 2018/03/29(Thu) 00:01
熊本市立小学校PTA非会員への差別文書の
その後。
以前から熊本市教委に質問を何度かして
いました。
3月27日熊本市教委から回答が届き、熊本市
教育長 遠藤洋路さんからの通知が
添付されていました。
通知が出された背景はブログにあります。
★click here★


【5876】 岡本 2018/03/29(Thu) 07:19home
KKさん お疲れさまでした。

教育長のTwitterは非公開FB<PTAと学校問題を考えるFBの会>の投稿で知りました。

西日本新聞の記事になった小学校のお父さんからは半年前に
メールで学校を訴訟するとの話を聞いて私の自宅の近くの
ファミレスで相談を受けました。
その時にはすで前日学校との話合いですでに学校の態度が
軟化したからもう訴訟は行わない
との方針の変化を聞きました。

今回は訴訟の意思が強いことをFBの投稿と本人からの連絡
でわかりました。

3月5日に学校長との話合いに同行を依頼されましたが、
学校から第三者の同行は断るとの連絡で同行は行う
ことが出来ませんでした。

その時の話合いも校長が弱気になったことと、
3月末が定年であることの理由で裁判は行わないとの
方針の変化を聞きました。

定年前だから提訴しないことは私にはわかりませんが・・・。

新校長になってからのPTAの運営方法により訴訟を考えるとの
話でした。

それ以前から取材を受けた2社の新聞社から記事にされるかもしれないと本人は予測していました。

いいタイミングで記事になってよかったと思います。

教育長から各学校へ通知連絡があり、それが本当に実行
されるならば何もことは起こさないでしょう。

KKさんは教委に直接連絡されたのですか?
または教委事務局職員に伝言されたのですか?
電話ですか書面ですか?

その点をぜひお教しえて頂けないでしょうか。

教育委員会が教育政策課で集まる定期会議は月1回しかないはずです。

私は直接教委に公立中の強制的寄付金の取り消しを
求めて教委にもちろん証拠付きの上申書まで提出したの
ですが、事務局職員は必ず回答は行われると話したのですが
教委からは何の回答もありませんでした。

同じ教育長なのに今回の態度の変化には驚きました。

新聞の威力は強いと思いました。
このタイミングにあと一度上申書の回答を求めてみたいと
思っています。

ご回答をぜひよろしくお願いいたします。


【5877】 FJN 2018/03/29(Thu) 07:56
熊本市の教政発第941号のラフな文字データを【5874】★click here★にメモしました。

なお、熊本市のほうの知人に尋ねたところ、
昨日、熊本市の教育委員の会議(定例会)が開催されたとのことです。
その会議で、この「教政発第941号」の内容等が事務局職員から教育委員御歴々に報告されたかどうかについては「そんなこと知らない」と知人は言いました。


【5879】 KK 2018/03/29(Thu) 17:42
FJNさん

昨日ではなく3日前の3月26日の校長会で
周知したと熊本市教委から連絡来てます。
校長会に参加するようなお知り合いが
いらっしゃるのですか?

教育長がTwitterで通知の画像をあげて
いますが事実ではないということでしょうか?


【5880】 FJN 2018/03/29(Thu) 19:05
KKさん、私の知人は「教育委員の会議が昨日(28日)開催された」と言ったのです。
校長が集まる校長会ではなくて、教育委員と教育長が集まる会議のようです。
熊本市のサイト★click here★に↓のように書かれている会議のことだと思います。
【日時】 3月28日(水) 午後2時〜
【場所】 マスミューチュアル生命ビル 7階 会議室
念のため彼女(知人は女性です)に26日の校長会について尋ねました。
「校長会のことは知らない」とのことでした。
ちなみに彼女は教育長が27日付でtweetした画像のことも「知らなかった」と言っていました。


【5881】 岡本 2018/03/29(Thu) 20:39
今回の熊本市教育長の行いは、私が証拠まで付けた上申書には何の回答もなかったことと
ずいぶん扱いが違います。
公立中学の不正徴収金の問題は認めないつもりでしょうか?

教育長は同じ人物です。
 中学校卒業式(10日) 修了式(1.2年生 23日)
 小学校卒業式 (22日)修了式(23日)

以上のような日程なので学校の休み中につき騒がれずにすむ
タイミングで27日にTwitterを行ったと思ったりもします。

今までも文科省からの通知があっても現場の学校長は守らない、あるいは全く知らないまたは知らぬふりをしているようなことが
多かったのが現実です。
法律を知らない学校長やPTA会長が多くいます。

今回の27日のTwitterは西日本新聞で報道されたことに
強い影響を感じます。

私が上申書を提出したときの教育長と同人物だと思えない
変わりようです。

学校関係の通知や指針などは数多くあります。

PTA発足時の1954年に文部省(当時)が策定した
父母と先生の会」第2次参考規約には
「会員になることも、とどまることも自覚に基づく
個人個人の自由であっていささかも強制があってはならない」
と「自由入会」の精神がうたわれています。
このことが十分周知されていればPTAの強制加入などは起こらなかったはずです。

学校関係団体が実施する事業に係る兼職兼業等の取扱い及び
学校における会計処理の適正化についての留意事項等につい
て(通知)
★click here★
なども守られていない公立小中学校の方が多いと思います。

現場の学校まで伝えられたとしてもその時限りになる可能性
が多いと思います。

そのことを予測して考えて待っていた方が賢いやり方だと思います。

私が不正寄付金のことで公立中学の校長と話合いをおこなった時にリンクした24文科初第187号のことも知らなかったのです。


一般教員は知っていても校長の威圧で誰も正しいことを主張しません。

熊本の県立高校も同じく、エアコン代をPTAが徴収しますが、
私は(PTA非加入だったのですが、エアコン代の支払いは同意させられました。その時に「先生方もエアコン代を支払っているのでしょうね?」
と尋ねたら「教師は生徒に教える立場にあるので支払う
などと言うあなたは非常識ですよ」と事務局長に言われました。。
最終的には支払う前にPTA決算書を見せてくださいと
頼んだらエアコン代の請求が止まりました。
よほど決算書を見せたくない何かがあったと推察しました。

熊本地震で避難したその高校に偶然決算書の半切れが校内で見ることが出来ました。それにエアコン代の記載がありました。その剰余金がエアコン代の2年分近くあったので驚きました。

【PTA=育友会】のエアコン代を一番涼しい思いをする教職員
が支払っていないのに【PTA=育友会】と呼ぶことが実におかしいと思いました。
熊本の学校とはだいたいそうゆうものだと思いました。

今回の熊本市の教育長の通知は学校向けにPTAの対応に対する
3項目の簡単な(通知)ですが、保護者への告知は書かれて
いないようです。

現教育長の任期は平成30年12月14日までですので、
どれほど効力を得るかは結局は保護者の行動が1番の効果をあげることだと思います。

今回のように学校の言いなりにならない保護者が引き続き存在
することを祈ります。


 


【5882】 KK 2018/03/29(Thu) 20:45
FJNさん

ありがとうございます。校長会は校長だけが
参加なんでしょうね。
うちの校長に校長会の様子を聞こうかと
少し思いました。(^^;)

教育委員による会議を意味してましたか。
ビックリしました。


【5883】 FJN 2018/03/29(Thu) 21:17
KKさん、
校長会は、その日時にその場に出席できる校長と、教育委員会の校長会対応事務局職員が参加するものだと思います。

なお、今年に入ってからの、熊本市の教育委員の会議(定例会)開催月日(予定を含みます)を記します。
●1月15日(月)
●2月6日(火)
●3月28日(水)
●4月23日(月)
以上の月日を知人から聞きました。
私は来月(4月)の教育委員の会議(23日(月)予定)で教政発第941号(細字系★click here★/太字系★click here★)についての報告があるのだろう(教育政策課長または教育長から)と予想しております。


【5884】 FJN 2018/03/30(Fri) 11:04
明光義塾サイト★click here★からコピペして補記します。
2018/03/29
明光義塾 新年度向け保護者アンケート実施シリーズ<第2弾>
保護者同士の人間関係・PTAに関する実態調査発表!
〔詳細は→★click here★

<第1弾>は★click here★のような気がします。


【5885】 KK 2018/03/30(Fri) 14:54
岡本さん

特段変わった経路で熊本市教委に
連絡していません。
岡本さんご自身が新聞の威力が強いと
思われている
ようですのでどこかの新聞社に報道
して貰えば話しが早く進むのでは
ないでしょうか。
私のブログに質問した内容があります。
余分なものを削いだ必要最低限の質問を
しています。
論点がぼやけないように内容は気を
付けました。
そういう大したことではない点しか
お伝え出来ません。

議員さんへの働きかけをすると有効という
意見もネットにはあるようです。
いろんな手を使いご希望されるような
回答が熊本市教委や教育長から届くと 
良いですね。

>今回の熊本市の教育長の通知は学校
向けにPTAの対応に対する3項目の簡単な
(通知)ですが、保護者への告知は書かれて
いないようです
→私のブログに通知の詳細がありますので
ご確認下さい。★click here★

私がした質問と熊本教委の回答・教育長の
通知があります。
質問した際教育長から通知が出るとは
夢にも思わず、通知を確認した私が誰よりも
一番驚いたと思います。


「当該小学校校長へは、今回の教育
委員会の見解を全保護者へ通知する
よう指示しました」

「教育委員会としての見解なので、
当該小学校を含む全市立小中学校に対して
教育委員会が指導するものです。
この内容につきましては、3月26日に開催
した校長会で周知(別添通知文のとおり)
しました。」


【5886】 FJN 2018/03/30(Fri) 18:34
歴史的な証人喚問――いわゆる「公文書メチャクチャ書き換えでオリジナル文書の有無が不明」という日本行政史上最大サイズの汚点問題関連の証人喚問――が国会であった翌日、新聞各紙は朝刊でこの話題を報じました。
きっかけを作った朝日新聞も同様です。
一方、なんと朝日新聞(東京エリア版)は、一種余裕で、この日の朝刊の第25面(生活面)のほぼ半分を使って文字量の多い「PTA問題を報じる記事」を載せました。
文責は田中聡子記者です(なにげに参照されるtweet★click here★)。
以下、朝日新聞サイトから基本的に無料で読める冒頭部分★click here★の一部をコピペします。
PTAって、なんだかなぁ〜
自由参加のはずが…半ば強制的
2018年3月28日05時00分

写真・図版:入会のあり方を考えるワークショップでは、入会届についてだけでなく、活動の負担感や変えることの難しさなど話題が多岐にわたった=東京都新宿区

まもなく新年度。
学校のPTAも新しい加入者を迎える時期です。
本来は入退会自由。
でも、入るときに意思確認がなかったり、半ば強制的だったりするケースもあり、保護者からは疑問視する声も出ています。

・・・紙面のイメージは↓でつかめそうです。
■朝日新聞2018年03月28日(水)朝刊紙面サイト――★click here★


★―☆―★―【5887】★click here★に継ぎます。―★―☆―★


[リストへ戻る] [レス用画面へ] ※内容が古い場合は、再読み込み(リロード)してください。