[ホーム]
Think! PTA! Open BBS
[リストに戻る] [ログイン] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [アカウント管理] [管理用]
このトピの固定リンクはこちら。過去ログに入っても固定リンクのURLは変りません。
PTA問題が続々メディアで取り上げられる6<2018年>
【5887】 FJN 2018/03/30(Fri) 18:36
【5886】★click here★に継ぎます。

■□■★click here★ ☜ Googleニュースのサイトを【PTA】で検索■□■

◇◆◇ サイトBLOGOSの「PTA」に関連する記事一覧☛★click here★ ◇◆◇

☆★☆ ★click here★ ☜twitter高度な検索サイトを【PTA 学校】で検索 ☆★☆


【5886】でメモした朝日新聞PTA記事の興味深い点の1つは、2017年11月24日に東京新聞≪<考えようPTA>埼玉県教委が画期的通知 「加入は任意」順守促す≫★click here★が報じた「画期的通知文書」のことを、東京新聞から約4か月後に改めて紹介しているところだと思われます。

なお、ブログ<草履で歩きながら考える>のエントリ★click here★が、この朝日新聞記事を紹介しています。

【5888】 猫紫紺 2018/03/30(Fri) 23:39home
すいません、ブログ主です。お久しぶりです。
PTAワーク、頑張って生協のプラットフォームで継続中です。ファシリテーションは難しく、反省点が毎回てんこ盛りです。

田中聡子記者は、クールかつキュートな女性でした。


【5889】 岡本 2018/03/31(Sat) 01:08
KKさま  お答えありがとうございました。

KKさまのブログではハッキリわかりませんでしたが、
熊本市教委へは事務局を通じて電話ではなく書面でなさったようですね。

私と,
このお父さんとのやり取りはその半分が電話です。

KKさまのブログの中で
>当該小学校校長へは、今回の教育委員会の見解を全保護者へ通知するよう指示しました。
と【熊本市教育委員会の回答】が書かれています。

実際はすべての保護者にはつたわっていなかったようです。
本人と昨日連絡を取ったら学校から保護者への教育長の通知の連絡は書面ではなくメールだったそうです。

本人が疑問に思われていることは「メール登録をしていない世帯には,どのように案内を行うのか」
「初めはプリント配布で今回は何故メールだったのか。」

校長は退職だから、中途半端であとは後任に丸投げだろうかと
の気持ちを持たれています。

最初にFBにこのPTAプリント問題投稿された、このお父さんは「この問題には責任追及の気持ちはなく、
ご自分や子どもさんに不利益がないならばそれでいい」とのことでした。

この連絡により私はすでにこのお父さんにとっては「周りが騒ぐような問題ではない」解決済の問題だと思いました。

西日本新聞が注目されて教育長の通知が各小中学校に連絡されたことは意義があったと思います。

しかし、すべての小中学校が全保護者に教育長通知を
連絡したのかを知ることはとても難しいことだと思いました。


【5890】 FJN 2018/03/31(Sat) 06:40
◆メール登録をしていない世帯には,どのように案内を行うのか
◆初めはプリント配布で今回は何故メールだったのか
――のことですけれど、
3月23日(金)に修了式と大掃除が行われ、その後いわゆる春休みになったことが理由なのではないでしょうか。
4月の新年度にあらためてプリントが配布される可能性はあります。
児童生徒が登校するからです。

【学校から保護者への教育長の通知の連絡メール】が何月何日何時何分何秒の刻印で配信されたのか、発信画面か着信画面を画像で見たくなります。
見た後に、適宜、下のタイムラインに追加しようと思います。
(このタイムラインの概要は【5874】★click here★にも投稿しました)

★熊本市立TMN小学校のトンデモPTA系プリント配布事件タイムライン★
01月30日(火)――トンデモPTA系プリント配布(学校長の氏名が無いスタイルで)
03月16日(金)――西日本新聞の第1報★click here★
03月21日(水/春分の日)――西日本新聞の第2報★click here★
03月22日(木)――TMN小学校が卒業式を挙行
03月23日(金)――市教委の教育政策課が「教政発第941号」を教育長名で全校長あてに通知
03月23日(金)――TMN小学校が修了式を挙行
03月26日(月)――校長会
03月27日(火)――教育長がtweetで「教政発第941号」を公表★click here★
03月28日(水)――教育委員の会議(定例会)。西日本新聞の記者が傍聴取材したかどうかは不明


【5891】 KK 2018/03/31(Sat) 07:51
岡本さん

私もFJNさんと同じ考えです。
取り急ぎメールをしたのだと感じました。
メール登録をしていない家庭があるのか
分かりませんが紙による配布を当事者の
お父さんが学校や教委に連絡されたら
いかがでしょうか。

教育長の通知に電話番号や担当者名が
ありました。
部外者である私ではなく当事者からの連絡で
当然対処すると思います。

これまで安心メールを登録しない家庭に対して
学校はどのように連絡をしていたのでしょうか?
電話をかけるのでしょうか。
学校にお問い合わせされたら良いと思います。

>すべての小中学校が全保護者に教育長通知を
連絡したのかを知ることはとても難しい
ことだと思いました。
→熊本市に情報公開請求したら分かると
思いますよ。
熊本市立小中学校が保護者に対して教育長の
通知を文書で知らせたか(様式)等で
請求出来ます。

良い件名が思いつきませんでしたが、熊本市の
情報公開の担当者に経緯を説明してふさわしい
件名にしたら良いですね。
私はいつも情報公開室で情報請求する時は相談
して適切だと思われる件名を教えて貰っています。
 
2週間以内に文書があるかないか分かります。
コピー代を支払えば文書のコピーを貰えます。
その結果を踏まえて教委に連絡するなど
ご自身で追いかければ方法はありますね。
熊本市在住の岡本さんだから出来る事が
たくさんあると思います。


【5892】 岡本 2018/03/31(Sat) 22:06
KKさま 【5889】であとは後任に丸投げだと記載しています。
FJNさんも>4月の新年度にあらためてプリントが配布される可能性はあります。と書かれています。可能性ですから確定ではありません。新校長の方針次第だと思います。

誰も未来のことはわかりません。

当事者本人からは今のところ私には何の依頼も来ていません。

自分のことなら情報開示や教委へ問い合わせますが、
当事者本人は【5889】 で
「この問題には責任追及の気持ちはなく、
ご自分や子どもさんに不利益がないならばそれでいい」とのことでした、当事者本人にとっては解決済の問題と書きました。

そのようなことですので、私の時間を使いたくありません。
私も情報開示は何度も行ったのですが、往復の時間や
(街に行くのでついつい買い物や美味しいものの食事などで
結構時間も体力もお金も使うのです)

私は連絡がメールだったと現在までの事の事実を書いたまでです。

当事者本人が情報開示が★click here★ 必要と思われるなら
本人でされることでしょう。


【5893】 KK 2018/04/01(Sun) 01:49
岡本さん

どうぞお好きにされてください。
この件についていかなる質問をされても
今後は当事者及び岡本さん自身の問題ですので
私はお答えのしようがありません。
何かあれば熊本市教委に連絡されたら良いです。

不利益がないのならプリントの配布に
こだわる必要はないのではと思います。
配布しないことで当事者に不利益が
あるのならそれを解消する方法を
ぜひ一緒に考えてさしあげてください。


>私の時間を使いたくありません。
私も情報開示は何度も行ったのですが、
往復の時間や(街に行くのでついつい買い物や
美味しいものの食事などで結構時間も体力もお金も
使うのです)
→これが岡本さんの答えでしょうね。


【5894】 岡本 2018/04/01(Sun) 07:12
このお父さんには半年前から相談を受けて時間をかけています。
私にも子どもが2人います。時間は貴重です。

今回のことは非公開FBに投稿があり、また相談を受けて
そのことを私はブログを書きました。

このお父さんはそのことに礼を言われました。
また何か相談があれば考えますが・・・。

何度も書きましたが、
「この問題には責任追及の気持ちはなく、
ご自分や子どもさんに不利益がないならばそれでいい」とのことでした。
そうゆうことに私がなにを行わなければならないのでしょうか?
静かな暮らしをしてもらいたいと思っています。

現在はそうゆう状況です。

→これが私の考えです。


【5895】 FJN 2018/04/01(Sun) 11:00
サイト<NEWSポストセブン>の記事です。
エイプリルフールの今日、リリースされました。
【PTA改革は「任意」と「選択」がキーワード】なのだそうです。
見出しとリード文を適宜改行して貼ります。
PTA、町内会の憂鬱な役員改選、どう改革すべきなのか
2018.04.01 07:00
新年度を迎え、小中学校のPTAや地元町内会の役員改選が行われようとしている。
任意とは名ばかりで、なかば持ち回りで強制的に「役」を押し付けられる風潮に、あちこちで批判も高まっている。
“組織学者”として知られる同志社大学政策学部教授の太田肇氏が、こうした旧態依然とした組織に早急な改革を促す。
★click here★

なお、太田肇さん(tweet★click here★参照)は月刊<ハーバード・ビジネス・レビュー>2017年11月号の「特集:「出る杭」を伸ばす組織」に、
――個人を組織から「分化」せよ――
と主張する論文を寄稿しました。
適宜改行して論文の概要を貼ります。
共同体型組織にイノベーションの阻害要因があるポスト工業化社会の企業論:個人を組織から「分化」せよ

日本企業に近年、イノベーションが生まれにくくなっているのは、みずから発案して実行する「出る杭」人材が少なくなっているからだ。
それは日本企業の共同体型組織という特性に起因する。
工業化社会ではこの特性は優位に働いたが、創造性が必要な今日では成長の足かせになっている。
根本的な解決策は、組織から個人を分化させ、モチベーションを存分に発揮できるようにすることだ。
そのための具体策として、キャリア形成の複線化、外部人材の積極採用、副業の奨励、独立支援などを筆者は挙げる。
構成員が流動化するようになると、緊張感を持って働くようになり、人も組織も活性化するのだ。

太田 肇   同志社大学大学院・同志社大学 教授
★click here★

■太田さんのtwitterサイトを【PTA】で検索しました――★click here★

太田さんの著書の1つに
≪個人を幸福にしない日本の組織≫(2016)★click here★
があります。
◆出版社サイトの紹介記事――★click here★
◆毎日新聞サイトの著者インタビュー記事――★click here★

この本のp.181を開くと、太田さんが「PTAや自治会の会長をしていた」と記した文が読めます。
・・・ちなみに私は、この本のタイトルを目にしたとたん、
≪人間を幸福にしない日本というシステム≫
≪いまだ人間を幸福にしない日本というシステム≫
という翻訳書のタイトルを連想しました(参照→★click here★)。

▼△▼太田肇さんの公式HP――★click here★

☆―★―☆―★―☆ 以下、4月3日に追記します ☆―★―☆―★―☆

神社系の幼稚園の「父母会」の問題です。
ブログ<日々はそれでも>最新エントリ
≪弁護士ドットコムニュース様に記事にしていただきました≫
★click here★


【5897】 FJN 2018/04/04(Wed) 00:42
今日のビビット。
▽PTA退会トラブル…やめると子供が被害に
★click here★


【5898】 理子 2018/04/04(Wed) 15:35

FJNさん

情報ありがとうございました!

PTA非加入時の留意点と題した文書を、非加入家庭に配布した(している)PTAがあるんですね。

日付を確認したいな、と何度も再生しましたが、真矢さんの顔でよく見えず(笑)
私は、出演者のコメントに、今回も違和感を持ちました。
赤荻アナのまとめかたには、共感いたしました。


【5899】 FJN 2018/04/04(Wed) 17:34
理子さん、レスに感謝いたします!
所用のため私は今日のビビットを視聴できませんでした。
録画もし忘れました。
そのうちYouTubeとかで視聴したいと思います。

なお、私は【5873】★click here★でコメントされた理子さんのところの御事情にマンモス憤慨しております。学校やPTAの人権蹂躙行為にどうかめげないでくださいませ!


【5900】 理子 2018/04/04(Wed) 20:20

FJNさん

はい、小学校PTAからの嫌がらせに負けず、親子でさらにパワーアップして 中学校に進みました。

現中学校長は、小学校PTAの異常さに驚き、子どもが二度と嫌な思いをすることがないよう、悪戦苦闘しながらも、取り計らってくださっています。

過日、中学校のPTAからの入学記念品が生徒手帳と記述いたしました。

今年度、PTAからの卒業記念品は印鑑、 生徒会(費)からは卒業証書ホルダーが贈呈されました。

PTAとは『すみ分け』をしているので、我が家は2品とも学校徴収金からの支払いをする予定です。
我が子が受け取る品は、決してPTAからの記念品ではないのです。

小学校時、先頭を切って 子どもを差別してきた前教頭が、他校に2回転勤し、今年度末で退職したことを紙面上で知りました。

あのような考えの人物がゆくゆく、校長職に就かなくて本当によかったと思いました。


【5901】 FJN 2018/04/05(Thu) 10:48
理子さん、ども!
少し安心いたしました。
教頭には、校長になれる資格を持っている教頭と、持っていない教頭がいます。
持っている教頭でも、校長ポストの空きが無い場合は、校長にならないまま定年退職します。
校長になる資格が無いのに威張っているロクデモナイ教頭もいるようです。

さて、昨日のビビット、YouTubeで視聴できます。
◆20180404水曜日のビビット「PTA」関連――★click here★

・・・活舌すっきり系の女声(近藤サト?)が「社会教育カンレン団体」と明瞭にPTAのことを解説するのを聞いて『うむ、おもしろい!』と私は感じ入りました。


【5902】 理子 2018/04/05(Thu) 15:31

FJNさん

レスポンスありがとうございます!

子どもが通った小学校の 現在の教頭が着任した3年前の春、話し合いをしたいと前学校長から呼び出しがありました。

同じ話をするだけなら、と断ったのですが納得されず、後日夫が出向いた会談の席で、児童がPTA会員から数々の差別をされているのに、現教頭は、「PTA会員の気持ちがわかる」と発言したのです。

学校に通う主体である児童のことより、PTA会員のことを重要視した発言に憤りを感じました。

こちらでは、このような発言をする人物が管理職に就いています。


【5903】 FJN 2018/04/06(Fri) 23:03
理子さん、
私おもうに、
「PTA会員の気持ちがわかる」と言った後に続けて自然と「しかし御子さんに対する人権蹂躙は断固として許しません!」と断言できない教頭など人非人です。
腐りきっています。
地獄のどん底に落ちてぺっちゃんことなるにちがいない運命の教頭だと思います。


【5904】 FJN 2018/04/07(Sat) 06:15
「教育問題に詳しい高島惇弁護士」の見解が今月4日にリリースされています。
≪PTAの名簿作りに危機? 改正個人情報保護法の施行で責任の重さがアップ≫
★click here★

この弁護士高島惇(たかしまあつし)さんのブログ<学校から法律を見てみよう>★click here★も大いに参考になりそうです。
高島さんのブログを「PTA」で検索してみました。
◆その結果――★click here★


【5905】 理子 2018/04/07(Sat) 21:50

FJNさんのお言葉に、親子で気持ちが救われます。

教育者として児童の気持ちを考えれば、あの発言はできないと思います。

京都の方言に、「いけず」があります。
陰湿で いけずな人達がいます。


【5906】 FJN 2018/04/08(Sun) 10:45
理子さん、ども!
その昔、夢かうつつかのほろ酔い気分で先斗町をふらふらしていた時に、超美形の舞妓さんから耳元で「い、け、ず」と囁かれた記憶があります、オイラ。
一瞬なんだか極楽にテレポートしたような感じでゾクゾクゾクっとしました。
後で在京の友人から、こう教わりました。
「あのね、おまえ、それはね、標準語で言うとね、『女の私から誘っているのに素知らぬふりして通り過ぎようとするなんてとっても憎たらしい男性ですねアナタって』と言われたんだよ」

なお、ウーマンエキサイトの記事タイトルをメモしておきます。
PTA改革が加速中!
「PTA、解体したってよ」
個人情報保護法改正が非加入組の追い風に?
2018年4月7日 19:00
★click here★


【5910】 FJN 2018/04/13(Fri) 11:32
週刊<女性セブン>4月26日号の目次★click here★で川柳じたての見出しが読めます。
お母さん、もうPTAお辞めなさい
この記事(p.46-p.52)は試し読みサイト★click here★では読めないかもしれません。
しかし、サイト<NEWSポストセブン>★click here★でp.48-p.50の途中くらいまでが読めるようです。

記事冒頭の文章と、写真キャプション2つ、をメモしておきます。
p.46
専業主婦が当たり前の時代に作られた“全員強制参加”の組織は、すでに役割を終えて・・・
p.47
時代とともに様変わりした組織がある。それが「PTA」。保護者と学校を結ぶこの団体が今、役割を終えようとしている。
p.49写真キャプション
設立当時のPTAは、「強制参加」が当たり前だった。
p.51写真キャプション
著名人からも賛否が渦巻くPTA活動(右から菊池、紀子さま、千秋)。

・・・<女性セブン>には「人名+敬称的ことば」の記述方法に何らかの決まりがあるようです。

記事の取材者は小山内麗香・大屋敷未世子・田名部知子の各さんで、文責者は池田道大さんです。

なお、関連tweet★click here★があります。
このtweeterがリリースした紙面画像のURLをメモしておきます。
■p.46-p.47――★click here★
▼p.48-p.49――★click here★
◎p.50-p.51――★click here★

サイト<雑誌の新聞>★click here★の文字データを転写貼付します。
掲載記事タイトル、
◆登場者(社)またはキーワード
雑誌名(発行日), 掲載ページ
新われらの時代に/お母さん、もうPTA、お辞めなさい
◆ PTA活動、ジャーナリスト・大塚玲子、女性社会進出、加藤薫・文化学園大学教授、全員参加暗黙ルール問題、少子化、松戸市小学3年生死体遺棄事件、渋谷恭正
女性セブン(2018-04-26), 頁:46


【5914】 FJN 2018/04/22(Sun) 08:01
神奈川県の藤沢市のPTA連絡協議会が解散しました。神奈川新聞サイト記事★click here★で概要が読めます。
この記者をリリースした記者はPTAの事情に不案内なまま書いているらしいことが処々散見されますが、ともあれ、記事の後段をメモしておきます(1文ごとに改行するなどしました)。
現場から見えづらい存在意義
「知ってもらうことが課題」

 PTAは通常、同じ市区郡町村内で連合体を設置している。
さらにその上に都道府県や政令市レベルの団体があり、頂点に日本PTA全国協議会(日P)が存在するピラミッド型組織。
加入校が負担する費用で上部団体が大会や講演会を開催、役員も兼務する。
 県内では、大半の市P連などが加入率100%を維持している。
組織化は学校間交流や地元の教育行政に要望・陳情を届けやすいメリットがある。
しかし、役員のなり手不足やイベントなどの動員に伴う負担に悩む単Pも少なくないのが実情だ。
上部団体の必要性を議論して脱退を模索する動きも出ている。
 県PTA協議会(県P)の笹原和織会長は
「(解散による県Pからの)退会の可能性について2年ほど前から相談を受けていただけに残念。
学校現場から離れた広域団体の存在意義は見えづらい。
地域課題への対応として行政への要望活動や情報交換などの連合体の必要性を知ってもらうことが課題になっている」
と話している。

■twitterサイトを【藤沢市 PTA】で検索した結果――★click here★

なお関連コメントを【5913】★click here★に投稿してあります。


【5915】 FJN 2018/04/23(Mon) 11:05
サイト<アスクミー>で、
≪これからのPTAのあり方とは?
組織の目的を見失わない活動が期待される≫
(2018年04月23日)
★click here★
が読めます。
中原崇さん(岡山県の社会福祉士★click here★)の寄稿記事です。


【5916】 岡本 2018/04/26(Thu) 02:49home

【5889】 岡本 と【5890】 FJNさんのTMN小学校プリントの配布の件の途中経過報告です。

4月23日TMN小学校PTA非加入の当事者のお父さんから
非公開Facebookメッセンジャ―からの回答によりますと
「学校からは,こないだお知らせしたメールが来ただけです。あれで通知は済ませたつもりなんでしょうね。
書面でなかったのは残念ですが,メールでは保護者に通知をしているので,微妙なところですね。」
との連絡がありました。

TMN小学校では、あらためてプリントは配布されていません。

5月のPTA総会の頃にまた連絡を行うとのメッセージでした。

以上報告でした。


【5917】 FJN 2018/04/26(Thu) 07:06
岡本さん、御報告ありがとうございました。

熊本市東区の市立TMN小学校系PTAが、熊本市PTA協議会の執行部役員等ローテーションの中で、どのようなポジションにあるのか私にはわかりません。

とはいえ、熊本市PTA協議会メンバーである東区PTA連絡会の定期総会は明日です。
定期総会の後すぐ懇親会があって、充実したフライデーナイトになりそうです。
平成30 年度 東区PTA連絡会定期総会のご案内

春暖の候、皆様におかれましては、新年度に向けての準備などお忙しいことと存じます。
また、日頃より熊本市PTA協議会の活動にご協力いただき、ありがとうございます。
さて、この度、平成30 年度の東区PTA連絡会の定期総会及び、懇親会を下記の通り開催いたします。
お忙しいところ恐縮に存じますが、ぜひご出席いただきますようご案内申し上げます。



1.日 時  平成30 年4月27 日(金)
総 会:18:30 (受付は18:00 より)
懇親会:19:30〜(21:30 終了予定)
2.場 所  ホテル熊本テルサ
熊本市水前寺公園28−51 ☎:096−387−7777
3.参加費  1名あたり 5,500 円(当日受付にて集金)
申込先:熊本市PTA協議会事務局  FAX(096)288−3754
■出典サイト――★click here★

申込先である熊本市PTA協議会事務局のことを書きます。

熊本市の<市政だより>2016年7月号★click here★
というメディアを見てみました。
その6ページ(PDFファイル★click here★)に、大震災後の熊本市議会のことが、こう書かれています。
平成28年第2回定例市議会は、平成28年熊本地震の復旧・復興を優先するために6月10日のみの開催となりました。
予算案・条例議案・人事案件など提出したすべての議案について可決し、同日閉会しました。
そして、「人事案件」で可決した【人権擁護委員】4名も紹介されています。
この市議会の会議録が【人権擁護委員】のプロフィールを述べています。
次のようなプロフィールも読めます。
氏は、昭和25年の生まれで、本市教育委員会事務局学校教育部指導課指導主事、熊本市立慶徳小学校校長などの要職を歴任された後、平成23年に退職され、現在は、熊本市PTA協議会事務局長として活躍されております。
■出典サイト――★click here★

熊本市PTA協議会事務局の構成は<くまもと市PTA会報>で確認できます。
2016年度の<くまもと市PTA会報>――★click here★
2017年度の<くまもと市PTA会報>――★click here★

続いて、法務省サイト★click here★で【人権擁護委員とは?】を見てみます。
1.人権擁護委員とは?
人権擁護委員は,人権擁護委員法に基づいて,人権相談を受けたり人権の考えを広める活動をしている民間ボランティアです。
人権擁護委員制度は,様々な分野の人たちが人権思想を広め,地域の中で人権が侵害されないように配慮して人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたもので,諸外国に例を見ない制度として発足しました。
人権擁護委員は無報酬ですが,現在,約14,000人が法務大臣から委嘱され,全国の各市町村(東京都においては区を含む。以下同じ。)に配置されて,積極的な人権擁護活動を行っています。
わかりやすい図も法務省サイトに載っています。
◆人権擁護委員は法務大臣が委嘱する。給与ナシ、費用弁償アリ。任期3年、再任可――★click here★
◇人権擁護委員には学校長経験者やPTA役員経験者もいる――★click here★

昨年の、いわゆる【熊本PTA訴訟の和解】(2017年2月)★click here★は人権に配慮したものです。
今年の、いわゆる【熊本市教育長のPTA通知】(2018年3月)★click here★も人権に配慮したものです。

熊本市PTA協議会の事務局長が人権擁護委員である事実って効果絶大なのではないでしょうか?


【5920】 FJN 2018/05/09(Wed) 18:25
朝日新聞サイト記事≪(憲法を考える)ルールに縛られ、個人より「連帯責任」≫(2018年5月8日05時06分,by堀内京子記者)★click here★
の写真(★click here★または★click here★)のキャプションを貼ります。
埼玉県教育局が小中学校長らに示した「PTA活動を円滑に推進するための留意事項について」という文書。
参考資料に「PTA関連法規」として、日本国憲法第21条が記載されている
■参照tweet――★click here★

☆★☆ 2018年5月26日(土)ころに追記します ☆★☆
今月17日(木)あたりに、
新潮新書≪PTA不要論≫
★click here★
がリリースされました。
上掲サイトで10ページほど読めます。
■著者のtweet――★click here★


【5932】 FJN 2018/06/17(Sun) 17:05
サイト<九州朝日放送>で、
2018年4月11日に放送された「アサデス。」のPTA特集映像6分半ほど★click here★が視聴できます。
なお、劇団員の方のtweetによると、
この番組の再現場面に登場した人物の
「母親役は全員独身メンバーでした笑」
とのことです。
■そのtweetが読めるのは☛★click here★


【5934】 FJN 2018/06/20(Wed) 17:49
西日本新聞の今月17日リリース記事★click here★を読みました。
で、そのあとインターネットを検索してみました。
■検索した語と検索結果――★click here★
・・・で、で、なんとなく『西日本新聞の記者ってなかなか好いなぁ』と思いました。


【5936】 岡本 2018/07/26(Thu) 06:22
約4ケ月前のことですが【5889】 岡本 と【5890】に関するブログです。
その記事の書きだしに次の文章が書かれています。
「熊本市立小学校PTA非会員家庭への差別文書が配布された件で熊本市教育委員会に問合せを数度しました。その結果、熊本市教育長から通知が出された事を報告しました。
記事はこちらです。3月末の段階ではこれで熊本市はもう大丈夫と思っていました。」

このブログを書かれた方には感謝致します。

★click here★


[リストに戻る]

このトピックスへの返信には、[ログイン]が必要です。


- 記事修正&削除フォーム
処理 No. 暗証キー 確認事項